外国為替取引ニュースサイト FOREX PRESS

会社概要

お問い合せ

ニュース受付

HOME > 

画像(205x299)

☆相場予測を的中させ続けるゴッドハンド・若林栄四の1年半ぶり最新刊!

・伝説の為替ディーラーにして「相場の声」を独自の黄金分割で読み解く若林栄四が、1年半ぶりに書き下ろす
・『デフレの終わり』(2011年7月発行)で「2012年初頭に最後の超円高がくる」と予測して的中
・『不連続の日本経済』(2012年12月発行)では2013年の日本株の垂直上昇相場を予測して的中
・いつ、いくらになるのか。相場の時期と水準をピンポイントで予測・的中させるゴッドハンド、待望の最新刊

 

☆史上最高値圏の米国ダウは"富の不均衡バブル"崩壊で2022年まで下がる

・ダウの四半期足チャートを黄金分割で分析すると、メガホン型天井であり日柄からしても崩壊寸前である
・その要因はレーガン・アジェンダの行き過ぎがもたらした"富の不均衡バブル"崩壊が歴史の必然だからである
・オバマの登場がその是正を促したが、FRBの行き過ぎた金融政策により正気の沙汰ではない不正義が続いている
・人間の英知による解決ができないとなれば、マーケットによる調整が行なわれることは不可避であろう


☆過去20年とは不連続の上昇相場にある日経平均は30年後に6万円台になる

・アメリカ発のデフレ波がこれから2022年まで世界を襲うなかで、日本経済と日経平均はどうなるのか?
・日本経済は株、金利、為替のすべての日柄で、すでにデフレは終わっているため深刻なダメージはない
・黄金分割で50年目の日柄に入る2015年から、日経平均は30年後の6万3036円まで続く本格的な上昇に入る
・「ダウが下がる2014年は1万1000円と1ドル80円台、2015年後半に1万7000円と1ドル120円」が直近の目安

若林栄四(わかばやし・えいし)
1966年東京銀行(現、三菱東京UFJ銀行)入行。シンガポール支店、本店為替資金部及びニューヨーク支店次長を経て勧角証券(アメリカ)執行副社長を歴任。現在、ニューヨークを拠点として、ファイナンシャル・コンサルタントとして活躍する傍ら、日本では株式会社ワカヤバシ エフエックス アソシエイツ(本邦法人)の代表取締役を務める。著書:、『大円高時代』(ダイヤモンド社)、『ドルの復活 円の失速』(ダイヤモンド社)、『勝つドル 負ける円』(フォレスト出版/大竹愼一氏との共著)『黄金の相場額 2005〜2010』(講談社)、文庫版『黄金の相場額』(講談社+α文庫)、『「10年大局観」で読む2019年までの黄金の投資戦略』(日本実業出版社/2009年2月)など。


Posted at 08時15分

検索

カテゴリーリスト

タグリスト

タグ一覧へ

最近の記事

RSS1.0 [Login] powered by a-blog

当サイトは為替証拠金取引を中心とした外国為替の取引に関するニュースのみに特化しています。乱立する為替取引・サービス情報を一同に介し、わかり易くジャンル分けすることで投資家・投機家が欲しい情報を即座に入手できるようにと思ったのが立ち上げの主旨です。またこのホームページに掲載している内容が正確であるよう最善を尽くしておりますが、内容についての一切の責任を負うものではありません。その旨ご了承願います。

FOREX PRESS

キャピタル・エフ株式会社

2002/11/15より運営開始