外国為替取引ニュースサイト FOREX PRESS

会社概要

お問い合せ

ニュース受付

HOME > 

画像(177x250)

MT4ユーザーのためのMT5システムトレード
本書オリジナルライブラリーでメタトレーダー4の自動売買プログラムをバージョン5に簡単移行!

「高性能なのに、無料で体験できる取引ソフト」として、世界中のFX(為替証拠金 取引)トレーダーたちから支持されているメタトレーダー4(MT4)。リアルタイム の価格表示、多種多様なテクニカル分析、柔軟な発注方法、指標・売買プログラムの 作成、検証、最適化、自動売買、口座管理など・・・・・・計画的なトレードに欠かせない機能が備わったオールインワンソフトだ。しかも、どの機能も高水準で、使い勝手が良い。

なかでも優秀なのが、プログラミングの機能である。MT4のプログラミング言語で あるMQL4(MetaQuotes Language Version 4)は、非常に柔軟で、融通が利き、ト レーダーの創造性を高めてくれる。



事実、世界中のトレーダーやプログラマーが、大きなコミュニティを作り、メタト レーダーの自動売買プログラムである「EA」の開発に切磋琢磨をしている。まさに 「メタトレーダーはシステムトレードの定番」なのだ。

そして、次世代バージョンとして2010年に正式公開されたのが、メタトレーダー5 (MT5)である。MT5には、例えば次に挙げるような機能拡張が施されている。

株式や先物のトレードにも対応できる板画面機能を搭載
1分足や1時間足といった時間枠が9種類から21種類に増加
EAの検証データにスプレッドの利用が可能
EAの自動作成機能を追加
EAだけでなく、作成した指標の検証も可能
バックテストだけでなく、フォワードテストも柔軟に設定可能
ところが(日本では特に)人気があるのは、依然としてMT4だ。その大きな理由と して、MT5のプログラミング言語であるMQL5が、MQL4の単なるバージョンアップでは なく、一部を除き「互換性がない」ことが挙げられる。

MT4で作成したプログラムが、そのままではMT5に、ほとんど再利用できない。これ が、MT5への移行に大きく立ちはだかっている“壁”となっているのだ。

しかしMQL5自体は、MQL4同様、発注や決済など、決まった処理をひとまとめにして 「関数」という形で定義できる。そして、関数の定義の仕方、使い方という点で、 MQL4とMQL5には互換性がある。つまり、関数の定義の内容は異なっていても、その関 数を呼び出すときには、同じような形で利用できるのだ。

そこで筆者は、共通の部品となる「オリジナルライブラリー」を作成した。これを 利用すれば、自動売買プログラムの“肝”である売買ロジックの部分が、MQL4でも MQL5でも、ほぼ同じような書式で記述できる。

もちろん、完全な互換性はない。しかし、利用するテクニカル指標の宣言の仕方な どを変える程度の修正で済むのだ。

本書は、オリジナルライブラリーを利用したMQL4/MQL5プログラムの作成手順につ いて解説した“一挙両得書”である。また、自動売買システムの評価や最適化をMT5 でも体験できるよう紹介している。

EAの醍醐味は「自分の理想のトレード」を具体化し、検証することにある。納得の いくEAを作成するには、時間がかかるだろう。しかし結局のところ、納得のいく自動 売買を遂行するには、プログラミングについての理解を深めていくしかないのだ。

そしてその理解が深まれば深まるほど、本書には珠玉のヒントが満載されているこ とに気がつくだろう。

著者紹介
豊嶋久道(とよしま・ひさみち)
1965年山口県生まれ。1988年慶應義塾大学理工学部電気工学科卒業。1993年慶應義塾 大学大学院博士課程修了。博士(工学)。大学生のころからC言語プログラミングに 親しみ、実用系のフリーソフトウェア、シェアウェアを公開。2003年よりFX取引を始 め、システムトレードの道へ。2011年合同会社T&Y総合研究所設立。FX自動売買シ ステムの最適化の研究を行っている。
主な著書に『FXメタトレーダー入門』『FXメタトレーダー実践プログラミング』(パンローリング)がある。 著者WEB: Toyolab FX―手ぶらで為替取引(http://forex.toyolab.com/)


Posted at 21時01分

検索

カテゴリーリスト

タグリスト

タグ一覧へ

最近の記事

RSS1.0 [Login] powered by a-blog

当サイトは為替証拠金取引を中心とした外国為替の取引に関するニュースのみに特化しています。乱立する為替取引・サービス情報を一同に介し、わかり易くジャンル分けすることで投資家・投機家が欲しい情報を即座に入手できるようにと思ったのが立ち上げの主旨です。またこのホームページに掲載している内容が正確であるよう最善を尽くしておりますが、内容についての一切の責任を負うものではありません。その旨ご了承願います。

FOREX PRESS

キャピタル・エフ株式会社

2002/11/15より運営開始