外国為替取引ニュースサイト FOREX PRESS

会社概要

お問い合せ

ニュース受付

HOME > 

[日本取引所グループ]2019年大納会:特別ゲストに狂言師の野村萬斎氏

2019年12月30日(月)

画像(635x450)

狂言師・野村萬斎氏

日本取引所グループ(JPX)は2019年12月30日、最後の取引となる大納会を迎え、記念式典を開催。本年の東京会場での大納会は、狂言師であり東京2020オリンピック・パラリンピック開会式・閉会式の総合統括をつとめる野村萬斎氏をゲストに迎えました。

画像(635x450)

日本取引所グループ・2019年大納会

会場には証券関係者及び抽選で選ばれた一般参加者に加え、多くの報道関係者、また本年上場企業の代表者も出席、そして2階回廊にもぎっしり人が詰めかけました。

画像(635x450)

日本取引所グループCEO 清田瞭 氏による挨拶

日本取引所グループの清田CEOからは「昨年から続いた米中貿易摩擦・中東情勢の混迷・ブレグジットの迷走、そして香港情勢の悪化と日韓関係の冷却と、一年間混沌とした年でありました。株式市場は大発会で急落して2万円割れで始まりましたが、結果としてそれが本年の最安値となり、もみ合い後、秋以降堅調な展開となりました。」と語り、「またJPXでは決済期間の短縮(T+2)、基幹システム・アローヘッドのリニューアル、さらに東京商品取引所(TOCOM)との経営統合によって、総合取引所実現に向けて大きく前進した年でした」と挨拶しました。

画像(635x450)

狂言師・野村萬斎氏からの挨拶

特別ゲストの狂言師・野村萬斎氏からは「来る東京2020大会を折に、日本が、そして地球上ががワンチームになる共生社会を目指せるように、五穀豊穣(ほうじょう)を祈りたい」と述べたのち5回の打鐘を行いました。

打鐘の後、東京証券取引所 執行役員 川井毅氏の発声による恒例の手締めが行われました。

2019年最終取引日となる日経平均株価の終値は、前日比181円10銭安の2万3656円62銭となり大納会としては1990年以来29年ぶりの高値に。

画像(635x450)
画像(635x450)

2019年大納会

(2019年12月30日 東京証券取引所にて/FOREX PRESS)



Posted at 19時05分

検索

カテゴリーリスト

タグリスト

タグ一覧へ

最近の記事

RSS1.0 [Login] powered by a-blog

当サイトは為替証拠金取引を中心とした外国為替の取引に関するニュースのみに特化しています。乱立する為替取引・サービス情報を一同に介し、わかり易くジャンル分けすることで投資家・投機家が欲しい情報を即座に入手できるようにと思ったのが立ち上げの主旨です。またこのホームページに掲載している内容が正確であるよう最善を尽くしておりますが、内容についての一切の責任を負うものではありません。その旨ご了承願います。

FOREX PRESS

キャピタル・エフ株式会社

2002/11/15より運営開始