外国為替取引ニュースサイト FOREX PRESS

会社概要

お問い合せ

ニュース受付

HOME > 為替コラム

先月

2017/5

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

来月

為替コラム

選択されているタグ : 

福住敞綱

「ナイトスペシャリスト、マーケットと真っ向勝負」 ―福住敞綱 氏 [後編]

2010年12月15日(水)

画像(635x159)
画像(635x36)

(中編はこちらから)

■情報のウェイトの難しさ

 ナイトデスクで印象に残っているイベントとしては、91年8月のソ連のクーデターや99年5月のルービンショックなどが上げられるが、事件自体の特異性により、ナイトデスクの存在がクローズアップされたことからも、9.11が最も印象的な出来事として心に残っている。

画像(200x140)

夜10時、シティバンクのディーラーがロイターに「WTC air crashed」と打ってきて、この事件のことを知った。ソ連のクーデターやルービンショックなどは確定事項だからニュースのほうがポーンと先に出てくるが、9.11の場合は、テロかどうか認定できなかったので銀行からの情報のほうが先に来ている。このような状況下では、積極的にポジションを構築して儲けようとする人はほとんどおらず、ディーリング自体よりも、問い合わせの電話に忙殺された。

情報のウェイトというのは非常に難しい。なぜ難しいかというかというと、例えばだれかが、英国のMPC(英中銀金融政策委員会)メンバーの1人がすごくハト派的な発言をしていると言ったとしたら、そのニュースが新しいのか古いのかがわからない。仮に、新しかったとしても、マーケットが反応するかどうかはわからない。

例えばガイトナー財務長官が1ドル=70円をでもいい、と言ったら、誰でも反応するだろう。しかし、誰々はこう発言したとか、新聞にはこう書いてあるとかいう、あやふやなものには、反応していいのかどうか難しい。それならば、ニュースでディーリングするよりは、まだ指標でするほうがずっといい。なぜかと言うと、指標は強い弱いがはっきりしているからだ。

■ナイトデスクの重要性

 最後のロイヤルバンクオブスコットランド(以下、RBS)では、新たにインターバンクセールスを担当したが、スクリーン上に溢れ返っている情報の取捨選択、そしてその情報の意味や市場の反応などは世界中の銀行の知人に訊いたほうが早くて的確だった。ナイトデスクやロンドンデスクもやはり重要で、東京に人がいれば、顧客は気軽に電話ができる。アナログかもしれないが、私は、人と人とのサービスというのは付加価値があるものだと思っている。

自分の分析方法としては、テクニカル指標を利用する場合が多い。というのは、まずファンダメンタルズは短期売買に向かないということ。それだけでなく、長期的に大きな流れを取ろうという人がいれば、ファンダメンタルズ重視になるはずだが、直近のユーロの動きを見ていると、ファンダメンタルズを反映しているようには見えない。

画像(200x140)

円にしてもそうだ。本来ならば日本の景気が明らかに悪いわけなので、どんどん円安にどんどんなってくれれば矛盾はないのだけれど、日本は、対外的にも債権国なので、リスクアペタイト(リスク志向)がなくなると、円高になってしまうというおかしな構造になっている。ファンダメンタルズに固執すると、収拾がつかなくなる。従って、ファンダメンタルズでディーリングするのは非常に難しいという結論になる。

テクニカルでは、ボリンジャーバンドが好きな人が多いようだが、私はシンプルなもののほうが好きなので、エンベロープ(ボリンジャーバンドの標準偏差が入ってないもの)をよく使っている。また、単純移動平均線やトレンドラインなどのシンプルなチャートを利用している。様々なテクニカル分析を試してみた末に、結局シンプルなほうがいいという結論に行き着いてしまっている。

■自分がわかれば相場がわかる

 数年前から、大学院で、ダニエル・カーネマンとイモス・トベルスキーが展開したプロスペクト理論、つまりファイナンスにおいて、人々がリスクを伴う選択肢の間でどのように意思決定をするか、を勉強している。人間は追い込まれたときのほうがギャンブル的に行動するというセオリーだ。銀行では、損しているときにギャンブル的に行動して損が拡大などしたら解雇されてしまう。銀行のディーラーとして、管理されて育ってきたので、そんなことは有り得ないと信じてきたわけだが、個人でトレードしてみると、こういった行動に走ってしまう。これは確定的であり、自分にとってはあまりにも意外だった。

どうしてこのような行動に走るのかというと、追い込まれると人間は痛みが強くなってしまうからだ。例えば100円儲かることよりも100円損することの痛みのほうが大きい。だから、100円損したときの痛みから脱却したいためにより強い行動を取り、ギャンブル的になってしまう。

個人投資家の方がFXで最も注意すべきなのは、損にのめり込まない、損にのまれないこと。損をしたときに、納得できる損のところで止める。逆を言えば、気持ちよく損切れるようにするということ。決して損にのまれて、ズルズル行ってしまってはいけない。そうなってしまわないためには、人間は弱いものだと思うようにする。プロスペクト理論のように、人間というのものは、困ったときこそギャンブル的に行動してしまう、ということを、ちゃんと知識として持つなどして、自分で自分の弱さを知ることだと思う。

画像(200x140)

自分のことを知るためには、自分がどんな人間かメモでどんどん書き出してみる。ディーラーで細かい人がいいと述べたのは、細かい人は、こういうことを頻繁にアップデートするわけで、自らをアップデートしていくことによって自分が見えてくるようになる。自分が見えてくれば、相場に活かすことができるのではないか。

個人として独立して、私は、改めて、自分が銀行での為替ディーリングが好きな、あくまでも、銀行における為替の職人であることを認識した。今、仮にどこかの銀行でナイトをやって欲しいと頼まれたら、その機会に感謝し、引き受けるつもりだ。やはりナイトの仕事は楽しいものであり、職人であり続けたいと願っている。

(全編終了)

*2010年10月26日の取材に基づいて記事を構成
 (取材/文:香澄ケイト)

【前編】為替歴は高校生から
【中編】オールラウンドなナイトデスクの仕事
【後編】為替の職人をまだ続けたい

画像(635x100)

>>「The FxACE(ザ・フェイス)」インタビューラインアップへ


関連タグ :

Posted by TheFxACE   パーマリンク

過去の記事へ

検索

タグリスト

最近の記事

最近のコメント

RSS1.0 [Login] powered by a-blog

当サイトは為替証拠金取引を中心とした外国為替の取引に関するニュースのみに特化しています。乱立する為替取引・サービス情報を一同に介し、わかり易くジャンル分けすることで投資家・投機家が欲しい情報を即座に入手できるようにと思ったのが立ち上げの主旨です。またこのホームページに掲載している内容が正確であるよう最善を尽くしておりますが、内容についての一切の責任を負うものではありません。その旨ご了承願います。

FOREX PRESS

キャピタル・エフ株式会社

2002/11/15より運営開始