外国為替取引ニュースサイト FOREX PRESS

会社概要

お問い合せ

ニュース受付

HOME > 為替コラム

先月

2012/2

1234567891011121314151617181920212223242526272829

来月

ThePresidents

インヴァスト証券株式会社 代表取締役社長 川路猛氏(第3回)

2012年02月22日(水)

画像(635x200)
画像(635x36)

(第2回はこちらから)

■「くりっく365」の大きな可能性

KOBE証券の上場から約1年後に、社名を現在の「インヴァスト証券」へと変更しました。当時は、ベンチャー企業のIPOブームも去り、証券売買手数料の自由化やメガバンクによる証券子会社の拡充、そして何よりインターネット証券が台頭し、証券業界において確固たる地位を築いていました。私たちも、365日、24時間、世界中の金融商品に、安価に投資できるインターネットの成長性を感じ、「invest(投資)+「vast(広い)」で「インヴァスト証券」と社名変更することになりました。

その結果、インターネットで24時間世界中の金融商品に投資できるというコンセプトから、為替・株価指数・コモディティなど、幅広くご提供する会社に大きく変貌しました。例えば、為替は、世界中の様々な要因で動きますから、ご自分できちんと情報を収集したり分析したり判断したりできる方、つまり自己判断層に、ご自宅で手軽に世界中の動きに対して投資をできるような環境をご提供することを、会社の使命としようということです。

以前は、東京工業品取引所の金なども扱っていたのですが、それをやめて、ニューヨークの金をCFD(差金取引決済)で扱うようにしました。局地的なレートではなくて、世界のメジャーな動きに投資する手法をご提供できるようにしたのです。

当社の「くりっく365」(取引所(東京金融取引所)FX)は、取引所設立以来、預かり資産でナンバーワンをずっと続けさせていただいています。当社の行動指針“インティグリティ(誠実)”を鑑みると、「くりっく365」のレートが一番透明性がありますし、お客様の証拠金も全額取引所に直接預託されますから、お客様にとって取引所の方がいいだろうという考え方で、ずっと「くりっく365」中心にやって参りました。

画像(200x300)

おかげさまで、店頭のFXとは違う、外国債券や投資信託などFXよりは息の長い投資資金が「くりっく365」には入ってくることに気づきました。一口座当たりのお預かり金額も店頭FXに比べて何倍も大きい。「くりっく365」のお客様はバタバタと売買するというよりは、何千万〜何億円と預けて、外貨預金風に、中長期にロングをホールドする方がも数多くいらっしゃいます。ですので、「くりっく365」を基幹事業として、さらに広げていきたいと考えています。

一方、取引所FXと店頭FXの税制一本化が実施された今日においては、短期で売買なさる方にとって手数料の無い店頭FXの方が有利かもしれません。しかし、1日に何十回、何百回と取引するFX投資家とは違う、大きなリスクをとらない世の中の主流の人たち、例えば、外国債券や海外投信などを買うような投資家層や銀行の外貨預金層の人たちが、ゆっくり外貨投資したいと思ったら、外債を買うよりも、普通にストレートで為替をやったほうがコストも安く、自由度も高いと思います。外貨預金に比べても、手数料は何十分の1ですし、ほぼ24時間売買できるFXは大変魅力的と言えます。

このようなFXマーケットにまだ入っていらっしゃらないお客様層にとっては、取引所FXである「くりっく365」をご安心してお使いいただけるでしょうし、非常に存在価値のあるものだと思っています。ですので、こういったお客様層を広げるには、当社が最大手であるということもありますので、ぜひチャレンジしていきたいと考えています。

■唯一無比、「シストレ24」という新アプローチ

また今後、大きく注力していきたいサービスが、「シストレ24」という自動売買サービスです。システムトレードと言いますと、自分の売買手法を自動プログラムにして、それを専用の機械などで走らすというのが今までの主流でしたが、「シストレ24」はそれとはまったく違います。

「シストレ24」はいわゆる野球の監督みたいなもので、自分がバッターボックスに立つより、過去実績のある代打を使う、自分が試合に出るのではなく、監督としてスターティングメンバーを選ぶ、という取引手法です。選手のデータを見て、スターティングメンバーを決めて、試合をやらせてみて、結果が良かったらそのままにする。この4番バッターは、全然打たないなとか最近調子悪いなとかと思ったら、交代させる。「シストレ24」はシステムトレードであっても、ファンドマネージャーみたいなものだと考えていただければよいでしょう。

シストレ24というサービスが生まれたきっかけは、単純な発想でした。私達証券会社が健全に成長していく為には、何よりもお客様に喜んで頂けるサービスを提供し、結果としてお客様の人数が増え続けていくことが重要です。お客様が増える、ということは、より多くの新規のお客様に当社を選んで頂くことと、既存のお客様に取引を長く、継続して頂くことの2つによって実現できます。

しかしながら、FXは不本意な成績で取引を止めてしまう方が多くいらっしゃるのも現実で、私達は何とかお客様の運用成績を改善するお手伝いが出来ないか、悩みに悩みました。そこで思いついたのが、「達人シグナル構想」です。それは取引の上手な方の売買を、売買シグナルとして悩める投資家の皆様に配信し、自動発注するサービスです。しかしながら、シグナルを配信しても良い、という上手な投資家を数多く集めることが出来ず、また、上手な投資家も当然ながら好不調の波があり、上手くサービスとして完成させることが出来ませんでした。

画像(300x200)

そんな時に出会ったのがイスラエルのトレイデンシーという自動売買サービスの会社です。彼らは全世界から毎日自動売買プログラム(ストラテジー)を集め、1ヶ月間の審査を経て、合格したストラテジーのシグナルを投資家に配信するサービスを手がけていました。私達は、完成させることの出来なかった「達人シグナル」を、「シストレ24」と改名し、実績の良い複数のストラテジーをポートフォリオにし、その売買シグナルを自動発注して運用するという、新しいFX投資の形を完成させました。

「シストレ24」のストラテジーは、500〜600種類あります。毎日、全世界から多数のストラテジーが集まってきています。それを1カ月間実際に走らせてまともなストラテジーだけをリストに加えます。ストラテジーリストは常に成績順でランキングされていますから、良くないのはどんどん落ちていくことになります。

1.過去の実績を見て優秀なストラテジーを探し、2.その中からスタメンを複数選んで売買をさせ、3.過去の実績に比べて実際の成績が良くなかったら入れ替える、この3動作を続ける「シストレ24」は、システムトレードでもありませんし、裁量トレードでもない、まったく新しいアプローチなのです。

■初心者のためにシストレの“エッジ”を効かせる

「シストレ24」は昨年11月28日からスタートしましたが、ご利用者数は、私どもが過去手がけた新規事業の中で、かつてないほどの好反応で、最速の勢いで増えています。FXをまったくやったことない方が、「シストレ24」から、入るというのも多いのです。なぜなら投資信託のようなものでもあるからです。投資信託は基準価格と目論見書で基本方針はわかっていても、日々、どう運用されているか詳細にはわかりません。完全にリアルに取引結果の実績値だけで、投資家は選びます。

まだ「シストレ24」を始めて日が浅いからかもしれませんが、裁量取引に比べて投資家の皆様の成績がずいぶんと改善されていることも嬉しく思っています。また、当サービスでは、最低でもストラテジーは3つぐらい選びましょう、1度選んだら1カ月間ぐらいは様子を見ましょう、こういう尺度で選んだらいかがですか、こういう尺度で入れ替えましょう、こういう部分の数字が悪くなったらちょっと黄色信号ですよ、などという具体的なアドバイスをコンテンツにしてどんどん出しています。

なぜこのようなことをしているかというと、「シストレ24」は、そもそもシストレをやったことがある人だけでなく、シストレってなんだかわからない、というようなまったくの初心者の方にも楽しんでいただきたいと考えているからです。

(第4回へ続く)

*2012年1月17日の取材に基づいて記事を構成
 (取材/文:香澄ケイト)

(第1回)中学生で単身渡米、世界の広さを知る
(第2回)気合いと根性、粘りと頑張りで証券の世界に
(第3回)唯一無比、「シストレ24」という新アプローチ
(第4回)“インティグリティ(誠実)”の会社精神に則って

画像(630x120)

>>「ThePresidents」インタビューラインアップに戻る





関連タグ :

Posted by ThePresidents

プロフィール

ThePresidents

ThePresidents企画チーム / ThePresidents

FX・外国為替取引ニュースサイト「FOREX PRESS」と投資情報サイト「Klugクルーク」による共同企画「FX取引会社社長インタビュー」。FX取引会社の社長に焦点をあて、社長のご経歴やご活躍ぶりといったこれまでの軌跡から、企業経営の姿勢、今後の方向性や展開などをお伺いします。

検索

タグリスト

最近の記事

RSS1.0 [Login] powered by a-blog

当サイトは為替証拠金取引を中心とした外国為替の取引に関するニュースのみに特化しています。乱立する為替取引・サービス情報を一同に介し、わかり易くジャンル分けすることで投資家・投機家が欲しい情報を即座に入手できるようにと思ったのが立ち上げの主旨です。またこのホームページに掲載している内容が正確であるよう最善を尽くしておりますが、内容についての一切の責任を負うものではありません。その旨ご了承願います。

FOREX PRESS

キャピタル・エフ株式会社

2002/11/15より運営開始