外国為替取引ニュースサイト FOREX PRESS

会社概要

お問い合せ

ニュース受付

HOME > 為替コラム

先月

2010/2

12345678910111213141516171819202122232425262728

来月

FXダイアリー

信託義務化本番(1)信託できない業者

2010年02月04日(木)

 半年間の猶予期間を経てついに2月1日から信託保全義務が稼働し始めました。フォレックスプレスでもそれに合わせて、信託保全先一覧を作成してくれました。大変わかりやすく、私も情報収集の手間が省けます。投資家の皆さんにも便利な表だと思います。
見てみると2月1日現在でも信託先が空欄になっているところがあります。大丈夫でしょうか。

画像(600x362)

■信託できない業者

 すでに、一部では信託保全に対応できず自主的に他社への売却、廃業等を決断している業者もある。しかしこれは良心的なケースで、潔く事実に対処している業者の例だろう。一方、潔くない業者であれば2月になっても検査があるまで信託していないことを隠したり、架空の信託契約をほのめかしてごまかしたりということがあるかもしれない。こうした詐欺的行為は黙っていても金融庁や証券監視委員会が2月1日に一気に検査してつまみ出してくれるものだとは思わないほうがいい。彼らとて見つけるには時間がかかる。90社もあるのだから本気でやっても一年以上かかる。一番確かなのは業者が開示する信託先に問い合わせることであるが、一般には登録業者となった業者が正式に開示した内容を信じるものである。

■信託できない理由

 やりたくても信託銀行がその業者の信託を断ればできない。信託銀行は常にその業者の預かる顧客資産の実預託額を言い値で受け、それが実際に正しいかどうかには責任を負わないのであるが、風評リスク等を考えて危ないと判断する業者からの信託を受けたがらない。また規模が小さすぎビジネスにならないと判断されればやってくれない。

■信託の弱点

 現在いろいろな信託銀行が受けているが、たとえを使って表現すると「昨日の顧客の実預託額は本当に34億3554万3210円なのか」という問いに自信を持って「間違いない」と答えられる受益者代理人がどれだけいるかということである。それをするには受益者代理人自体が業者のシステムを直接モニターする技術力が必要になる。むしろSEの資質が問われるところである。システムに強い会計士とかが適任かもしれないが、ただしこの商品のビジネスロジックを確実に学習しての話しとなる。これは為替の信託に限った話ではない。どんな信託でもシステムを信用するのは簡単だし、障害時を除けば信用しやすいが、そこに搭載された計算ロジックそのものが正しいかどうか、今回の計算作業に変なノイズはまぎれていないかということまでチェックしきれる環境を実現するのは容易ではない。

>>「信託義務化本番(2)義務化されると黒字でも倒産する」に続く




Posted by 尾関高

プロフィール

尾関高

尾関高

1986年名古屋大学経済学部卒業。1988年サンダーバード経営大学院(アリゾナ州、米国)卒業。主に日短エクスコにて約9年間、インターバンクの通貨オプションブローカーを経験し、1998年からひまわり証券(旧ダイワフューチャーズ)にて日本で最初に外国為替証拠金取引をシステム開発から立ち上げ、さらに、2006年5月に、これも日本で最初にCFDを開始した。
その後米国FX業者でのニューヨーク駐在や、帰国後日本のシステム会社勤務等をへて、現在は、米国インテグラル社の日本支店に勤務。そのかたわら、本業のみならず、FXにかかわるさまざまな分野においても積極的に意見具申中。
拙著に、「マージンFX」(同友館、2001年2月)と「入門外国為替証拠金取引〜取引の仕組みからトラブル防止まで〜」(同友館、2004年6月)がある。。

検索

タグリスト

最近の記事

RSS1.0 [Login] powered by a-blog

当サイトは為替証拠金取引を中心とした外国為替の取引に関するニュースのみに特化しています。乱立する為替取引・サービス情報を一同に介し、わかり易くジャンル分けすることで投資家・投機家が欲しい情報を即座に入手できるようにと思ったのが立ち上げの主旨です。またこのホームページに掲載している内容が正確であるよう最善を尽くしておりますが、内容についての一切の責任を負うものではありません。その旨ご了承願います。

FOREX PRESS

キャピタル・エフ株式会社

2002/11/15より運営開始