外国為替取引ニュースサイト FOREX PRESS

会社概要

お問い合せ

ニュース受付

HOME > 為替コラム

先月

2003/6

123456789101112131415161718192021222324252627282930

来月

為替今昔物語

「為替クラブ」一人一人自ら行動を起こそう

2003年06月12日(木)

■日産ゴーン社長

「良いニュースは報告する必要なし。悪いニュースは全て私に直接報告する事。責任は全て自分が取る。」元日産社員の方からゴーン社長について聞いた話。彼はさらに「ゴーン社長はしがらみが無いから大胆に改革ができた。そして、自分の責任で有能な若手をどんどん登用した。」と付け加えた。日本は今デフレ経済の真っ只中、出口が未だ見えない。今、経営者に最も要求されていることはゴーン社長のように古い仕組みを否定する勇気と将来に向かって突き進む実行力ではないだろうか。そして、従業員は組織の変革をただ待っているだけでなく、一人一人が自分の可能性に向かって行動することではないだろうか。

■メリットとディメリット

筆者は組織に属さないメリットとディメリットを毎日感じている。ディメリットは、「サラリーマン・リスク」という厚い壁である。新しいものを導入して万が一上手くいかなかったら責任が取れないというサラリーマンの処世術である。歴史が古い会社程旧態然とした責任感が未だにまかり通っている。メリットはなんと言っても新しい出会いが極めて多くなったこと。

■DBエンジン「Pibase」

元日産社員との出会いは、為替証拠金取引とは全く関係が無いDB(データベース)エンジン「Pibase」がきっかけ。中小企業にとってDBシステムの導入は金額的にハードルが高いのが現状。それを解決したのが、「Pibase」という全く新しいDBエンジン。コストが低額のため、中小企業でも気軽にDEシステムの導入が可能だ。筆者もこの手軽なDBエンジンの普及に携わっている。組織に属さないメリットで専門の貿易および為替業務に加えIT業務も業務範囲に加わった。

■リストラの推進

総務省の統計資料によると15年3月末の失業率は5.8%と過去最悪となった。リストラのため将来を悲観して、中高年の自殺者数が増加しているという。一方会社に残った者も一人、二役/三役をこなさざるを得ず、オーバーワーク状態という。昨年度の過労死が160件と過去最高である。リストラで会社を去る者・残る者共に大変な時代。個人では二進も三進も行かない。これでは夢も希望も無い。

■共に創りだそう新しい仕組み

ゴーン社長を見習って、従来の発想を変えてみよう。そして新しい仕組みを創りだそう。「私は業務経験が豊富なのに、就職口が全くない。」果たしてそうだろうか?就職をしようと思うから、就職先が無いのである。企業はリストラで従業員数の削減に懸命である。就職口が無いのは当然である。

発想を変えてみよう。仕事は与えられる物でなく、自ら創りだす物である。自分でやろうという意欲があれば仕事はいくらでもある。筆者は今複数の個人事業家と情報交換をしている。そして、必要なら業務提携を組む。今までの会社という組織とは全く違う事業形態可能だ。情報交換できるネットワーク構築。筆者が提案する新しい仕組みだ。

企業家意欲のあるものは誰でも参加できる。新しい日本経済の仕組みを共に創り上げようではないか!一人一人が行動を起こせば将来が見えてくる。

■「為替クラブ設立提案」中間報告

前々回に「為替クラブ」設立について提案した。「為替クラブ設立の構想」も前述した新しい仕組みとコンセプトだ。中間報告をしよう。

 (1) メールで設立趣旨に賛同し参加希望の連絡・・個人2名。
 (2) 電話で設立趣旨に賛同するの旨の連絡・・為替取引業者2社

残念ながら準備委員会設立までにも至ってない。連絡をいただいた方にはもう少し待って頂いている。

■個人投資家自ら行動しよう

現在、外国為替証拠金取引業界では自主規制団体設立の動きがある。この業界の一部では、しつこい営業を繰り返す営業マンや顧客の出金要請に応じない会社があることは事実だ。外国為替証拠金取引市場の健全な発展のためには弊害となる。

筆者は、業界団体の○適マークを待つのでなく、個人投資家自ら勉強し外国為替取引会社を正しく選ぶ眼を養う時代にきていると考えている。なぜなら、筆者はそれが自己責任時代の21世紀の投資家の姿であると確信するからである。個人投資家一人が情報交換し為替取引手法を勉強する場として「為替クラブの設立」を提案する。皆で創り出そう新しい仕組み「為替クラブ」。




Posted by 佐藤利光

プロフィール

佐藤利光

ジェトロ認定貿易アドバイザー / 佐藤利光

日本信託銀行(現三菱信託銀行)で外国為替業務に20年間、資金運用業務に10年間従事。固定相場時代から外国為替ディーラーを勤める。変動相場制移行のきっかけとなったニクソンショックの数少ない経験者。経営者向けセミナーや社内研修などの講師経験豊富。外国為替取引会社代表取締役を経て、平成15年4月1日より国際投資アドバイザーとして独立。ジェトロ認定貿易アドバイザー。

検索

最近の記事

最近のコメント

RSS1.0 [Login] powered by a-blog

当サイトは為替証拠金取引を中心とした外国為替の取引に関するニュースのみに特化しています。乱立する為替取引・サービス情報を一同に介し、わかり易くジャンル分けすることで投資家・投機家が欲しい情報を即座に入手できるようにと思ったのが立ち上げの主旨です。またこのホームページに掲載している内容が正確であるよう最善を尽くしておりますが、内容についての一切の責任を負うものではありません。その旨ご了承願います。

FOREX PRESS

キャピタル・エフ株式会社

2002/11/15より運営開始