外国為替取引ニュースサイト FOREX PRESS

会社概要

お問い合せ

ニュース受付

HOME > 為替コラム

先月

2009/8

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

来月

為替今昔物語

FX業界における「両替」の意味?

2009年08月12日(水)

FX会社で両替できるか?

 先日、貿易セミナー終了後、ある受講者(Aさん)から次の質問を受けた。

「あるFX会社のHPに外貨の両替手数料が、銀行の両替手数料よりも安い手数料でできると書いてあります。しかし、気になる事は現金で受取る事がどこにも書いてないことです。FX会社で本当に両替できますか?」

Aさんは、FX投資を始めて数ヶ月。海外にでかけることが多く、日本でも海外でも、銀行の両替手数料がとても高いことを実感しているとの事。FX会社で安く両替できるなら是非使いたいと考えているようだ。
筆者は「Aさんが考えている両替はできませんよ。FX会社が使っている「両替」と言う言葉の意味は、現金(お金)と現金の交換と言う意味で無く、単に円と外貨の交換を意味しているからです」と答えた。

両替の本来の意味

画像(180x134)

 外国為替取引とは、二つの異なる通貨の交換を意味する。従い、日本の現金(お金)を外国の現金(T/Cトラベラーズ・チェックを含む)に交換する事は、外国為替取引の一種であるが、お金とお金の交換の場合は特に「両替」と言う。
つまり、両替とは、「ある特定の貨幣(お金)を他の種類の貨幣に交換すること」を意味する。例えば、1万円札1枚を千円札10枚に交換(円と円の交換)も、1ドル100円と仮定して、1万円札1枚を100米ドル札1枚に交換(円と外貨の交換)もお金とお金の交換だから、「両替」と言う。

外貨預金から外貨現金を払いだす場合

 数日後Aさんからメールが来た。

「FX会社に問い合わせたところ、外貨預金口座で外貨を受取る事ができるそうです。銀行の外貨預金口座から現金を払いだすことができますか?」

銀行の外貨預金から外貨現金で払いだす場合、別途、キャッシングチャージ(銀行により異なるが、米ドルの場合2円、英ポンドの場合8円、豪ドルで7円など)とリフティングチャージ(銀行により異なるが1/20%、最低手数料2,500円など)を払わなければならない。これでは、投資家が、FX会社で両替し手数料を安くあげよう、としても、その趣旨に合わない。

専門用語を正しく使うべき

Aさんの質問は、専門家であるべきFX会社が専門用語である「両替」の意味を正しく理解していなかった事から生じている。投資家に無用な混乱を与える可能性がある。該当するFX会社は直ぐに訂正すべきであろう。




Posted by 佐藤利光

プロフィール

佐藤利光

ジェトロ認定貿易アドバイザー / 佐藤利光

日本信託銀行(現三菱信託銀行)で外国為替業務に20年間、資金運用業務に10年間従事。固定相場時代から外国為替ディーラーを勤める。変動相場制移行のきっかけとなったニクソンショックの数少ない経験者。経営者向けセミナーや社内研修などの講師経験豊富。外国為替取引会社代表取締役を経て、平成15年4月1日より国際投資アドバイザーとして独立。ジェトロ認定貿易アドバイザー。

検索

最近の記事

最近のコメント

RSS1.0 [Login] powered by a-blog

当サイトは為替証拠金取引を中心とした外国為替の取引に関するニュースのみに特化しています。乱立する為替取引・サービス情報を一同に介し、わかり易くジャンル分けすることで投資家・投機家が欲しい情報を即座に入手できるようにと思ったのが立ち上げの主旨です。またこのホームページに掲載している内容が正確であるよう最善を尽くしておりますが、内容についての一切の責任を負うものではありません。その旨ご了承願います。

FOREX PRESS

キャピタル・エフ株式会社

2002/11/15より運営開始