外国為替取引ニュースサイト FOREX PRESS

会社概要

お問い合せ

ニュース受付

HOME > 為替コラム

先月

2003/4

123456789101112131415161718192021222324252627282930

来月

為替今昔物語

新たなる旅立ち

2003年04月17日(木)

■インターバンク外国為替ブローカー資本参加

 平成15年4月8日付け日経金融新聞に「為替証拠金取引 上田ハーロー参入」という記事が載った。インターバンク外国為替ブローカーの上田ハーローがFXCMジャパンに資本参加をすることを伝えた記事である。筆者が尊敬する元インターバンク為替ディーラー氏の紹介により上田ハーローの木村社長と初めてお会いしたのが、奇しくも丁度一年前の4月8日であった。以来約10ヶ月協議を重ねた結果上田ハーローの資本参加が確定的になったのが、今から2ヶ月程前のこと。上田ハーローというブランドと資本参加を得て経営基盤は確立した。これでお客様にご迷惑をおかけすることは無いと確信し会社立ち上げという役割を果たした成田博之と筆者は3月17日付けで共に取締役を辞任、そして3月31日付けて共に退社した。

■外国為替市場の健全な発展に向けて会社設立

 「外国為替市場の健全な発展」を企業理念に、仲間と共に会社を設立したのは、約2年前の平成13年7月の事。インターバンク外国為替市場経験者によって設立された始めての外国為替証拠金取引会社であった。
 
とはいえ「FXCMジャパン?何その会社?」「代表取締役佐藤?誰それ?」というように世間の認知度は全く無し。「コストを最小に抑えることで最も安い手数料を投資家に提供」をモットーに顧客獲得を図ることにした。その秘訣は狭い事務所とマスコミの積極活用という戦略。立ち食い蕎麦屋の2階でおよそ同業他社とは比較できない程狭く暗い事務所で出発。宣伝広告費は投資雑誌や証券新聞に連載記事を提供することで殆んど費用を掛けずに会社と経営者の宣伝をした。会社設立の一ヶ月前6月に出版した著書「わかりやすいインターネット外国為替取引」も宣伝材料の一つ。沖縄から北海道までこの著書を読んで電話をくれた投資家の皆様が著者と直接話したことで安心して口座を開設してくれた。またそれをテキストとして「外国為替の基礎知識」「外国為替取引・・実践編」などのセミナーを開催した。
 
その結果6ヶ月後の12月には単月で黒字となり、その翌月に累損一掃。1年後の決算は黒字計上ができた。さらに昨年7月にはビジネスパートナーのFXCMから2,880万円そして今回上田ハーローから2,400万円の資本参加を得て、資本金は当初の6倍強の6,280万円となった。
 
このように短期間で経営基盤が確立できたのは特に会社設立間もない会社を信頼して口座を開設したお客様のお陰と感謝している。現経営者には「会社設立当初から当社のファンとなり創設期を築いてくれたお客様の存在をけっして忘れないように」と言い残して会社を去った。

■新たなる旅立ち

 「会社の顔として会長として残って欲しい」との話もあった。しかし、私は「外国為替市場の健全なる発展」を終生の目的として活動したいとの思いが強い。「単に企業の顔という広告塔としての役割」には満足せず、敢えて退職という道を選択した。そして、今後は一企業に属さずに中立的な立場から「外国為替市場の健全なる発展」に向かって同業者、マスコミおよび個人投資家の皆様と共に全力を尽くすという新たな旅立ちを決心した。
 
具体的には、今までの業務経験を活用し (1)企業向けには外国為替業務立ち上げコンサルティング、社員研修、セミナー講師そして経営コンサルティング等の業務 (2)個人投資家向けには執筆活動や「自己責任時代のトレーダー養成講座の企画」を通じて為替取引の啓蒙活動。 (3)法的な規制がない外国為替業界の自主規定の制定など色々とやることが山積である。

さらにジェトロ認定の貿易アドバイザー資格を活用して物流業務の専門家と共に貿易コンサルティング業務も開始している。この連載記事も継続し今までとは違った観点ら、広い視野にたって情報提供をしていく所存。ご愛読願いたい。

■志を同じにする人達の協力

 有り難い事に中立的な立場になった途端に、今までの人脈を通じて既に数社から為替業務のアドバイスやセミナー講師の話がきている。これからの業務展開についてじっくり構想をめぐらす時間も無いまま種々な企業からの話が先行している。
 
「しかし、業務遂行は一人では出来ない」。「外国為替市場の健全なる発展」のため、志を同じにする為替ディーラー、ファンドマネージャー、個人投資家そして企業の担当者およびマスコミの皆さんと協力して、あるいはご意見を伺いながら、共に活動したいと考えている。




Posted by 佐藤利光

プロフィール

佐藤利光

ジェトロ認定貿易アドバイザー / 佐藤利光

日本信託銀行(現三菱信託銀行)で外国為替業務に20年間、資金運用業務に10年間従事。固定相場時代から外国為替ディーラーを勤める。変動相場制移行のきっかけとなったニクソンショックの数少ない経験者。経営者向けセミナーや社内研修などの講師経験豊富。外国為替取引会社代表取締役を経て、平成15年4月1日より国際投資アドバイザーとして独立。ジェトロ認定貿易アドバイザー。

検索

最近の記事

最近のコメント

RSS1.0 [Login] powered by a-blog

当サイトは為替証拠金取引を中心とした外国為替の取引に関するニュースのみに特化しています。乱立する為替取引・サービス情報を一同に介し、わかり易くジャンル分けすることで投資家・投機家が欲しい情報を即座に入手できるようにと思ったのが立ち上げの主旨です。またこのホームページに掲載している内容が正確であるよう最善を尽くしておりますが、内容についての一切の責任を負うものではありません。その旨ご了承願います。

FOREX PRESS

キャピタル・エフ株式会社

2002/11/15より運営開始