外国為替取引ニュースサイト FOREX PRESS

会社概要

お問い合せ

ニュース受付

HOME > 為替コラム

先月

2009/5

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

来月

為替今昔物語

FX取引は単なる投資商品ではない

2009年05月19日(火)

■FX業者に対する当局規制強化の方針

去る4月24日、証券等監視委員会は、FX業者に対する金融検査等の結果に基づき、投資家保護等のために必要と認める施策を金融庁長官に建議した。

その内容は、
(1) 顧客保証金区分管理の信託勘定義務化
(2) ロスカットルールの制定義務化
(3) 高レバレッジ商品の規制
(4) 業者登録申請時の徴求書類の見直し

である。

これを受けて金融庁は、内閣府令を改正し「顧客証拠金の区分管理方法の信託義務化」方針を公表した。さらにFX業者に対する監督指針を改正した。それによると、ロスカットルールの制定を義務化し、顧客に対する勧誘・説明態勢と内部リスク管理態勢に関する監督上の留意事項を明確化、同時に売買スプレッド又は手数料が特に低い取引を提供する業者に関して、顧客に対する勧誘・説明態勢と内部リスク管理態勢に関する監督上の留意事項を明確化した。

■FX業者の厳しい生き残り競争の結果

 FX業界は、2000年にネット取引が採用されてから大きく発展し、2005年に、当局への業者登録が義務化されてから、多くの証券会社、IT業者などが参入し、さらに大きく発展した。現在では「FX取引=外国為替証拠金取引」として一般に認識されるようになった。
FX業界が発展しり過程で、業者間の手数料引き下げ競争が激化した。1ドルあたり10銭だった取引手数料が現在ではゼロが一般的になった。また、5銭〜7銭だった売買スプレッドが2銭から3銭になった。1銭を謳う業者もある。さらに、過去10倍〜50倍程度だったレバレッジ(顧客証拠金率)が、100倍〜400倍の高レバレッジを採用する業者も出てきた。低い手数料を補うために、顧客に大量の為替取引を勧誘するためである。一方、ネット取引だから業務コストはかけないという経営方針で、顧客に対するサービスは最小限に止めている業者も少数ではない。また、一部の業者が低手数料や高レバレッジを採用すると、それに追従せざるを得ないと言う業者も少なくない。手数料引き下げと高レバレッジの採用が会社収益に与える影響と経営リスクの所在を十分に認識し、そのための態勢整備に配慮している業者数は、多くは無い。

今回、当局の規制強化および監督強化の方針が公表されたことで、業務譲渡や統廃合がある程度進むのではないかとの噂である。

■FX業者の役割

 残念な事に、「何故、FX取引を提供するのか、FX取引はどのようにして社会に貢献できるのか」を明確に答えられる業者は極めて少ない。社会に明確なメッセージを送る事ができる業者のみが、今後、生き残っていけるであろう。

「FX取引とは、外国為替証拠金取引の事で、つまり外国為替取引である」ことを認識すれば、FX取引は単なる投資商品では無い事が理解できるのではないだろうか。そして、社会に送るメッセージが明確に思い浮かぶのではないだろうか!

外国為替とは、
(1) 貿易取引などの国際間取引の資金決済の仕組みおよびその方法のこと
(2) 異なる二つの通貨の交換(外貨売買)

と言う二つの意味がある。つまり、貿易代金決済で必要な取引が外国為替取引である。

FX業界は、貿易業者へFX取引の有効活用についてメッセージを送る社会的な役割がある。

■FX業界に朗報

 今、多くの貿易業者が「銀行から外国為替先物予約枠を削減され、外国為替相場変動リスクヘッジができない」という問題を抱えている。「為替相場ヘッジのために、FX取引の有効活用を検討したい」と言う上場企業も少なくないそうだ。

FX業界は、「FX取引が貿易取引の為替相場ヘッジの有効的な手段である、と言うメッセージを社会に送る絶好の機会」である。その為には、為替先物ヘッジ商品としての商品開発(スワップの品揃え)と上場企業が安心して取引してくれる貿易実務の人材教育と社内リスク管理態勢を築きあげる必要があろう。




Posted by 佐藤利光

プロフィール

佐藤利光

ジェトロ認定貿易アドバイザー / 佐藤利光

日本信託銀行(現三菱信託銀行)で外国為替業務に20年間、資金運用業務に10年間従事。固定相場時代から外国為替ディーラーを勤める。変動相場制移行のきっかけとなったニクソンショックの数少ない経験者。経営者向けセミナーや社内研修などの講師経験豊富。外国為替取引会社代表取締役を経て、平成15年4月1日より国際投資アドバイザーとして独立。ジェトロ認定貿易アドバイザー。

検索

最近の記事

最近のコメント

RSS1.0 [Login] powered by a-blog

当サイトは為替証拠金取引を中心とした外国為替の取引に関するニュースのみに特化しています。乱立する為替取引・サービス情報を一同に介し、わかり易くジャンル分けすることで投資家・投機家が欲しい情報を即座に入手できるようにと思ったのが立ち上げの主旨です。またこのホームページに掲載している内容が正確であるよう最善を尽くしておりますが、内容についての一切の責任を負うものではありません。その旨ご了承願います。

FOREX PRESS

キャピタル・エフ株式会社

2002/11/15より運営開始