外国為替取引ニュースサイト FOREX PRESS

会社概要

お問い合せ

ニュース受付

HOME > 為替コラム

先月

2009/5

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

来月

FXダイアリー

最近の米国におけるFX規制の動き(追加)

2009年05月08日(金)

画像(180x134)

 前回米国が両建てを禁止するなどの新規制を実施するということをお伝えしたがそのとき書き漏らしたポイントがあるのであわててここで追加したい。詳細は、英語に不自由しない人であれば、前回同様以下のURLの文章を読んでいただければ、私の説明は不要であるが、原文も実際のビジネスモデルやそのシステムの論理構造を理解する者にとっては曖昧な内容である。

http://www.nfa.futures.org/news/newsNotice.asp?ArticleID=2273

Offsetting Transactions

さて、書き漏らした点というのは両建て禁止と同時に、現在 5月15日から、決済の手段を先入れ先出し(FIFO)に限定するという。つまり落ち玉(決済)指定はできなくなる。そうなると論理的に、新規で建てたポジションに利食いのリミット注文や損切りの決済注文を紐付ける行為も禁止となる。例をあげて説明する。

ドル円で 1万ドルの新規買いを98.00、97.00、96.00(時間的にもこの順番で成立)で3万ドル分持っていたとする。そして、今までどおり、それぞれ1円下がったら損切りをしたいと思ったら、「新規」のストップ売り注文を、97.00、96.00、95.00に入れておかなくてはならない。そして、97.00に相場が下がれば、最初に建てた98.00にFIFOルールで当てられる。

このルールの背景は、決済指定することで実現する損益を投資家がコントロールすることができ不適切な所得の調整がされることに歯止めをかける目的があると思われる。

アマウントが違う場合は、同じアマウントで一番古いものでいいという条件が付いているが、これは分割機能に配慮したものと思うが、開発する側からすれば、どうせ開発するならそこまで作るのであまり意味はない。


Price Adjustments

いったん約定した取引をあとから価格訂正することを禁じるが、例外として

(1)その訂正が客の苦情に対して、客の有利になる訂正の場合、
(2)いわゆるStraight Through Processing(DMA)のモデルを採用している業者に限り、カバー先があとから約定価格を変更してきた場合

の2つのケースに限り許す。ただし、それは約定後15分以内であることと、変更する根拠となる証拠を添付しなくてはならない。
これについては、あとから顧客の不利になる訂正を入れることはまず現実的にないので、あまり問題にはならないように見える。

現在細かい点については、NFAと業者の間で、具体的な対応についてまだキャッチボールが続いている。

これら一連の新規制が指し示すものは、明らかに、先物取引所の取引ルールにあらゆる仕様をあわせようという動きである。主体がCFTC、NFAなら言わずもがなである。


米国NFAの両建て禁止の施行延期

「最近の米国におけるFX規制の動き」で触れた米国規制当局の両建て禁止の施行が5月15日から7月31日に延期となりました。前回これに触れているので、一応ここでもアップデートしておかないと無責任な気がしたので、お知らせします。

これは米国FX業者からの陳情による結果である。システム上の対応なくしては本規制を実装することができず、そうするためには5月15日では時間がなさ過ぎるという陳情であったと推測される。
実際の告知は以下のNFAのHPに記載されている。
http://www.nfa.futures.org/news/newsNotice.asp?ArticleID=2281

最近は、日本の規制当局も米国の当局も動きが多い。一方、英国からは何も聞こえてこない。規制緩和の急先鋒となった英国と大きく(?)距離をとる米国。そしてその狭間で英国寄りに見えつつも、独自の規制概念を打ち出し始めた日本がいるようにも見える。大変興味深い。自然、Forex Pressに寄せる私の記事(?)の更新頻度が高まることになる。




Posted by 尾関高

プロフィール

尾関高

尾関高

1986年名古屋大学経済学部卒業。1988年サンダーバード経営大学院(アリゾナ州、米国)卒業。主に日短エクスコにて約9年間、インターバンクの通貨オプションブローカーを経験し、1998年からひまわり証券(旧ダイワフューチャーズ)にて日本で最初に外国為替証拠金取引をシステム開発から立ち上げ、さらに、2006年5月に、これも日本で最初にCFDを開始した。
その後米国FX業者でのニューヨーク駐在や、帰国後日本のシステム会社勤務等をへて、現在は、米国インテグラル社の日本支店に勤務。そのかたわら、本業のみならず、FXにかかわるさまざまな分野においても積極的に意見具申中。
拙著に、「マージンFX」(同友館、2001年2月)と「入門外国為替証拠金取引〜取引の仕組みからトラブル防止まで〜」(同友館、2004年6月)がある。。

検索

タグリスト

最近の記事

RSS1.0 [Login] powered by a-blog

当サイトは為替証拠金取引を中心とした外国為替の取引に関するニュースのみに特化しています。乱立する為替取引・サービス情報を一同に介し、わかり易くジャンル分けすることで投資家・投機家が欲しい情報を即座に入手できるようにと思ったのが立ち上げの主旨です。またこのホームページに掲載している内容が正確であるよう最善を尽くしておりますが、内容についての一切の責任を負うものではありません。その旨ご了承願います。

FOREX PRESS

キャピタル・エフ株式会社

2002/11/15より運営開始