外国為替取引ニュースサイト FOREX PRESS

会社概要

お問い合せ

ニュース受付

HOME > 為替コラム

先月

2009/3

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

来月

ThePresidents

ひまわり証券株式会社 代表取締役社長 山地一郎氏(第1回)

2009年03月17日(火)

画像(635x200)
画像(635x36)


■温暖な気候で穏やかにすごす

1956年10月15日に香川県の坂出市で生まれました。祖父母と両親、弟の6人家族で、父は、高松市で会計事務所を営んでいました。弟とは年が5つ離れていたこともあり、物心がついてからは、あまり遊んだ記憶はありません。性格は、A型タイプで、わりとおとなしい子供だったと思います。

画像(200x160)

私が住んでいた地域は、本当に田舎でしたので、周りは田んぼや畑ばかりで、小学生の頃は、真似事で田植えの手伝いをしたりしていました。低学年の頃までは、野山を駆け巡っていた記憶があります。カブトムシやザリガニ取りもしました。のびのびとした子ども時代を過ごさせてもらったと思います。
どんなに忙しくても健康でいられるのは、この頃に培った田舎ならではの体力作りのおかげかもしれません。

■現在、家庭ではニ男の父

子供は、男の子が二人います。一人は大学生で一人は高校生です。ただ、自分が親には何も相談もせず、言うことも聞かないほうでしたから、子供に対しても干渉し過ぎないようにしています。たとえば、上の子は現在、大学3年生で、就職活動をしていますが、100%ノータッチです。自分の将来は、たくましく自分で切り開いていってもらいたいのです。

両親は、おかげさまで二人とも元気に過ごしています。父親は当社の株主ですが、もちろん会社には一切来ませんし、特にむこうから経営に口をはさむこともありません。私は大学に入学してから、ずっと一人暮らしでしたし、そのまま結婚をして自分の家族を持ちましたので、両親のもとには、年に一、二回くらいしか帰っていません。忙しくてなかなか時間がとれない、離れて暮らしているとそうなってしまう方が多いのではないでしょうか。

■今でも続く映画・テレビ好き

中学からは、中高一貫、6年制の私学に進学しました。映画が大好きで、洋画を中心によく観ていました。私が住んでいた地域は田舎でしたから、あまり多くの映画が封切られるわけではありません。ただ、それでも、私が住んでいた地域で封切られた映画は、ほぼ全て観賞しました。テレビでも、月曜ロードショーや日曜洋画劇場など、土日月水と、テレビで映画をやっていた記憶がありますが、それも毎週必ず観ていました。

画像(200x160)

今でも映画は好きで、月に1、2度は映画館に行き、話題作を中心に観ています。最近は、“大河ドラマ”もよく観ます。小説を読むのとは違い、映像が楽しめるほか、少しずつ毎週放映してくれるところが気に入っています。また、組織のリーダーとしての武将を経営者である今の自分と重ね合わせると、部下との対話の仕方や、重要な決断を下すタイミングなど、会社の経営や組織運営において参考になる部分が数多くあります。何をするにも組織を円滑に機能させるために“コミュニケーション”は、最も基本的で重要な要素ではないでしょうか。弊社スタッフにも、もっとコミュニケーション能力を高めてもらいたい、と常々思っており、つい先日も外部講師を招いたスキルアップセミナーを実施しました。管理職を対象としたマネージメントのスキルアップセミナーも同時に実施し、より上司と部下、対お客様とのコミュニケーションを円滑にし、業務の効率化およびサービスの向上に寄与できるのではないかと期待を寄せています。

大河ドラマでは、最近、ブームになった“篤姫”も興味深く見ていました。あまり語られることがなかった方ですが、歴史の裏側で実は、大きな役割を担った一人の女性がいたというところに感銘を受けました。

■納豆にカルチャーショックを受けた!東京でのキャンパスライフ

東大に行こうと決めた理由は、「ものすごく勉強が好きだったから!」、と言いたいところですが、実際のところ特にありません。楽観的な性格だったこともあり、あまり後先考えずに、受験をしてみた、といったところです。

受験勉強のために塾などには、通っていませんでした。そもそも、私が住んでいた地域は田舎でしたので、塾がありませんでした。当時の他の高校生と同様、ラジオの深夜放送を聞きながら勉強していました。

大学入学後は、半年くらい雑司谷の学生会館に住んでいました。ただ、そこでは朝食に必ず納豆が出て困りました。地元香川では、納豆を食べる習慣がなかったので、軽いカルチャーショックを受けたことを覚えています。その後、友人が住んでいた高田馬場に引越し、結局、大学を卒業するまで定住してしまいました。

■もちろんアルバイトも

大学時代は、家庭教師や婦人服販売のアルバイトをしていました。当時、新宿の高野フルーツパーラーが入っているビルの中に、婦人服を販売するお店があり、そこで働いていました。バーゲン時などは忙しかった記憶があります。女性のお客様が来られて、「いかがですか」と声をかけたら、「いえ、間に合ってますよ」などと言われていました。

■東大で自動車ラリー

大学では、自動車部に所属していました。子どもの頃から車が好きで、小学校の頃は、「モーターマガジン」などの自動車専門誌で掲載されている世界の車の名前を全て覚えているくらいでした。子ども心に車という乗り物に憧れていたのを覚えています。今でも車は大好きで、昨年も“富士スピードウェイ”に行き、F1レースを観戦してきました。今年は鈴鹿でレースがあっただけに、ホンダがF1から撤退したのは残念でした。今後は、時間が許せば国内だけではなく、海外のレースも観戦に行ければな、と密かに思っています。

自分で車を運転することもあります。実は、大学時代、自動車部でラリーをしていた経験もあるので、単調な高速道路の運転だと少し眠くなってしまいます。スピード狂ではありませんが、自分で車を運転する醍醐味は、気分がスカッとするところにあります。

(次回に続く)


(第1回)映画・自動車好きの少年が東京大学へ
(第2回)金融機関営業のあり方を信託銀行で学ぶ
(第3回)信託銀行からベンチャー企業へ転進
(第4回)投資を通じてお客様に喜びを

画像(630x120)

>>「ThePresidents」インタビューラインアップに戻る





関連タグ :

Posted by ThePresidents

プロフィール

ThePresidents

ThePresidents企画チーム / ThePresidents

FX・外国為替取引ニュースサイト「FOREX PRESS」と投資情報サイト「Klugクルーク」による共同企画「FX取引会社社長インタビュー」。FX取引会社の社長に焦点をあて、社長のご経歴やご活躍ぶりといったこれまでの軌跡から、企業経営の姿勢、今後の方向性や展開などをお伺いします。

検索

タグリスト

最近の記事

RSS1.0 [Login] powered by a-blog

当サイトは為替証拠金取引を中心とした外国為替の取引に関するニュースのみに特化しています。乱立する為替取引・サービス情報を一同に介し、わかり易くジャンル分けすることで投資家・投機家が欲しい情報を即座に入手できるようにと思ったのが立ち上げの主旨です。またこのホームページに掲載している内容が正確であるよう最善を尽くしておりますが、内容についての一切の責任を負うものではありません。その旨ご了承願います。

FOREX PRESS

キャピタル・エフ株式会社

2002/11/15より運営開始