外国為替取引ニュースサイト FOREX PRESS

会社概要

お問い合せ

ニュース受付

HOME > 為替コラム

先月

2008/7

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

来月

為替今昔物語

FX市場の更なる発展に向けて「貿易アドバイザー資格」の取得を提案

2008年07月16日(水)

■長期外国為替予約について

 筆者はジェトロ(日本貿易機構)認定の貿易アドバイザーである。最近、貿易アドバイザー仲間と共に各地で「貿易実務セミナー」をする機会が多い。セミナー参加者にFX取引について聞いてみると、実際にFX取引をしている人数は少数だが、FX取引を知っている人は予想以上に多い。FX取引が実需取引に活用されるようになれば、現在頭打ち状態にあるFX取引は、大きな市場へ成長する可能性が大きい。
 セミナー参加者からの質問は、かなり専門的である。当社は輸入商品を販売している。昨年、取引銀行から勧められたので、余り気が進まなかったが、5年間のドル円長期先物買い予約を締結した。同一相場で5年間毎月10万ドルの買い予約。合計10万ドル×12ヶ月×5年間=600万ドル。今年になって円高になったので、失敗したと思っている。そもそも長期輸入予約にについてどう考えれば良いでしょうか?」

■長期先物予約の考え方

 この契約は米ドルコールオプションの買いとプットオプションの売りを組み合わせた(シンセティック)為替予約で「マルチシンセティックフォワード」と言う商品。紙面の都合で細かい説明は省略するが、銀行にとって収益が大きい商品である。各営業店は、営業本部から与えられた収益目標を達成するために、親しい取引先に金融商品を提案する。本件もその一環であろう。
 そもそも、3年後、5年後の為替相場については誰も分からない。輸入商品の販売価格はその時々の為替相場に影響されるので、為替予約は原則1年以内が良いと筆者は考えている。
 従って、「当社は、輸入予約の締結は1年以内と決めているで、長期予約はしない方針」と率直に銀行担当者に話せば、それ以上その商品の勧誘はしない筈。そのために融資を引き上げることは決してしない筈」と話した所、「銀行との付き合い方の勉強にもなりました」と感謝された。

■貿易アドバイザーとして一緒に行動しよう

 筆者は折に触れ、FX取引は、為替相場変動リスクヘッジの有効的な手段であり、FX業者の社会的な役割として、貿易業者にその活用方法を啓蒙することを提案している。しかし、実行に移す業者は極めて少ない。
 為替取引には専門的な資格制度は無いが、貿易業務には「貿易アドバイザー」資格がある。FX業界関係者で貿易アドバイザー資格を有するものは筆者だけである。また、貿易アドバイザーの中でFX業務の関係者は筆者だけである。
実需取引にFX取引の有効活用を提案するには「貿易アドバイサー資格」は大変有効的な手段。FX業界の多くの人が「貿易アドバイザー資格の取得」に挑戦することを提案する。そして、貿易アドバイザー仲間として、共に貿易業者にFX取引の有効活用の啓蒙活動をすることを熱望する。 

■貿易アドバイザー試験について

 貿易アドバイザー試験は、ジェトロが「貿易および国際投資にかかる専門家を試験により認定し、わが国の貿易振興と中小企業支援に寄与する」と言う趣旨で、平成6年度にスタートした。筆者は平成7年度にその試験に合格し、5年間ジェトロ認定の貿易アドバイザーとなった。その後、5年毎に資格認定を更新して貰い、平成21年度までその資格を有してしている。
 しかし、昨今の行政改革の一環から、ジェトロは費用がかかる「貿易アドバイザー制度」を19年度で廃止することに決定した。その試験を正式に引き継いだのが我々貿易アドバイザー仲間で設立した「貿易アドバイザー協会(AIBA)」である。幸い、ジェトロからは後援を受けている。
公的な試験制度を民間団体であるAIBAが引き継ぐまでに、我々仲間で「貿易アドバイザーの専門性の維持」「試験の公平性」などに多項目亘り本気で話し合った。そして、さらに親しくなり、仲間意識が強くなった。多くの業界関係者をそんな仲間にむかえたいと考える。なお、AIBAの会員は約300名。会員は銀行、商社、通関業者、物流業者、メーカー、大手小売業、貿易業などの出身者で多種多才な人材が集まっている。試験合格者は「AIBA認定貿易アドバイザー」となる。筆者もジェトロ認定期日が経過後は、「AIBA認定貿易アドバイザー」となる。
 なお、今年の貿易アドバイザー試験については「貿易アドバイザー協会」のHPを参照してください。




Posted by 佐藤利光

プロフィール

佐藤利光

ジェトロ認定貿易アドバイザー / 佐藤利光

日本信託銀行(現三菱信託銀行)で外国為替業務に20年間、資金運用業務に10年間従事。固定相場時代から外国為替ディーラーを勤める。変動相場制移行のきっかけとなったニクソンショックの数少ない経験者。経営者向けセミナーや社内研修などの講師経験豊富。外国為替取引会社代表取締役を経て、平成15年4月1日より国際投資アドバイザーとして独立。ジェトロ認定貿易アドバイザー。

検索

最近の記事

最近のコメント

RSS1.0 [Login] powered by a-blog

当サイトは為替証拠金取引を中心とした外国為替の取引に関するニュースのみに特化しています。乱立する為替取引・サービス情報を一同に介し、わかり易くジャンル分けすることで投資家・投機家が欲しい情報を即座に入手できるようにと思ったのが立ち上げの主旨です。またこのホームページに掲載している内容が正確であるよう最善を尽くしておりますが、内容についての一切の責任を負うものではありません。その旨ご了承願います。

FOREX PRESS

キャピタル・エフ株式会社

2002/11/15より運営開始