外国為替取引ニュースサイト FOREX PRESS

会社概要

お問い合せ

ニュース受付

HOME > 為替コラム

先月

2007/12

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

来月

為替今昔物語

FX取引証拠金分別管理の実態

2007年12月14日(金)

■証拠金分別管理の問い合わせ

 10月と11月にエフエックス札幌とアルファエフエックスが裁判所に倒産申請した直後から、FX業者に顧客から証拠金の分別管理方法に対する問い合わせが殺到していると言う。両社の顧客は、業者に預けた証拠金を業者が勝手に使い、ほとんど残っていないことを突然知らされ、いまさら打つ手も少なく途方に暮れていると言う。個人投資家が、取引業者倒産リスク対策として、取引業者の証拠金分別管理方法を知りたいと思うのも当然の事。個人投資家は、業者の説明に十分満足したであろうか?

■色々な分別管理の方法

業者の証拠金分別管理方法には、銀行預金口座、信託銀行の金銭信託口座、カバー先への預託がある。下記の表は、12月7日に金融庁がFX業者126社を対象として調査した業者の区分管理の結果である。

画像(460x103)

(注:合計が100%を超えているのは、複数の方法を採用している業者があるため。例えば、電話取引は預金口座、ネット取引は金銭信託、両取引の一部はカバー先へ預託している業者があれば、一社で3種類の区分に該当)
 
預金口座とは、自己の運転資金口座等と区別して、銀行で開設した顧客証拠金の専用預金口座のこと。金銭信託とは、信託銀行と信託契約書を締結した上で開設した顧客証拠金専用金銭信託口座のことである。

 一般的に、会社の経営状況が悪化した経営者が、悪意をもって意図した場合、預金口座にある証拠金の方が金銭信託にある証拠金よりも流用しやすいのが現状だ。顧客の証拠金の安全性を確保するため証拠金を金銭信託口座で分別管理する業者が増えている。業者は、数十億円から数百億円もある顧客証拠金の預託先に対する倒産リスクにも配慮する必要がある。銀行預金残高は、銀行が倒産した場合、1000万円とその利息しか返還されないが、金銭信託残高は、信託銀行が倒産しても全額保全されるので、業者の預託先リスク管理対策の観点からも金銭信託口座管理の方が銀行口座管理よりも優れている。この観点から、銀行預金口座管理方法の比率が高いことが気になる。

■色々な信託契約

 証拠金信託契約とは、FX業者(委託者)が信託銀行(受託者)に顧客証拠金の管理・運用を委託する契約のこと。信託契約の受益者には、元本受益者として顧客、収益受 益者としてFX業者がなる。信託開始日に顧客証拠金という財産権は業者から信託銀行に移転され、信託銀行が善意をもって移転財産を管理する仕組み。業者が倒産しても証拠金は業者の一般債権とはならず、信託管理人により顧客の証拠金残高に応じて顧客に返還される。 

 しかし、証拠金信託契約には業者により個別性が強く色々な信託契約が現存し、保全範囲に違いがある。個人投資家は「信託保全していますから絶対大丈夫です」と、それだけの説明で納得せず、少なくとも次の信託の違いを知った上で取引業者がどのような信託契約をしているのか確認すると良い。

○日次信託と週次信託の違い(信託口座残高の修正時期:毎日か、週1回か)
○完全信託と一部信託の違い(信託口座管理は証拠金全額か、カバー先への預託金を差引いた残額か、さらに評価損益+スワップ収益-手数料を加減した純資産額か)




Posted by 佐藤利光

プロフィール

佐藤利光

ジェトロ認定貿易アドバイザー / 佐藤利光

日本信託銀行(現三菱信託銀行)で外国為替業務に20年間、資金運用業務に10年間従事。固定相場時代から外国為替ディーラーを勤める。変動相場制移行のきっかけとなったニクソンショックの数少ない経験者。経営者向けセミナーや社内研修などの講師経験豊富。外国為替取引会社代表取締役を経て、平成15年4月1日より国際投資アドバイザーとして独立。ジェトロ認定貿易アドバイザー。

検索

最近の記事

最近のコメント

RSS1.0 [Login] powered by a-blog

当サイトは為替証拠金取引を中心とした外国為替の取引に関するニュースのみに特化しています。乱立する為替取引・サービス情報を一同に介し、わかり易くジャンル分けすることで投資家・投機家が欲しい情報を即座に入手できるようにと思ったのが立ち上げの主旨です。またこのホームページに掲載している内容が正確であるよう最善を尽くしておりますが、内容についての一切の責任を負うものではありません。その旨ご了承願います。

FOREX PRESS

キャピタル・エフ株式会社

2002/11/15より運営開始