外国為替取引ニュースサイト FOREX PRESS

会社概要

お問い合せ

ニュース受付

HOME > 為替コラム

先月

2006/9

123456789101112131415161718192021222324252627282930

来月

為替今昔物語

リスク管理の破綻

2006年09月29日(金)

■ヘッジファンドの巨額損失

 9月18日付The Street.comは、米国コネチカット州グリニッジに本拠地があるヘッジファンドマネージャーのAmaranth Advisors(アマランス)が、天然ガスの先物取引で40億ドル(約4千600億円)の損失を出したと報じている。損失額は22日付けAP通信によると、約60億ドル(約7千億円)に増額している。これは市場流動性が低いため、大手金融機関にまとめて引き取ってもらったために、より安く売却する結果となったからであると言われている。
 同通信によるとアマランスの運用資金総額は今年8月現在で94億ドル(約1兆1千億円)。昨年はハリケーン・カトリーナの影響で天然ガスの価格が高騰し、年間で12億6千万ドル(約1千5百億円)の収益を上げ、今年も価格上昇に賭けて8月末現在で21億7千万ドル(約2千5百億円)の収益を上げていた。

しかし、今年は昨年と違い現在までハリケーン被害が無い事と暖冬予測が台頭したことで、数週間前から天然ガス価格が急落し、9月14日には2年ぶりの安値を付けた。価格の急落で今までの収益は一転して、巨額な損失となったもの。何とも大きな金額である。投資で勝ち続ける事の難しさは、投資のプロであるヘッジファンドマネージャーでも例外でない。巨額損失の原因はリスク管理が機能しなかったことにあることは間違いない。

■アマランスのリスク管理体制

 同社の投資戦略は「マルチストラトジー」で、転換社債戦略、株式ロング・ショート戦略、グローバル・マクロ戦略など収益機会があればどんな戦略でも採用するというもの。筆者が親しくしているヘッジファンドのFOF(ファンド・オブ・ファンズ)マネージャーの報告によると、同社は当初から転換社債戦略に焦点を当てて投資をしてきたが、他の戦略でも強力な投資チームを擁し、定期的に大胆に各投資戦略の割合を変えてきた。そのことが1992年1月のファンド設立から2006年8月まですばらしい実績を上げてきた要因であった。

同社は、2004年4月現在で、各戦略の投資専門家80人、リスク管理専門家10名を含み総勢235人の従業員を擁した組織体制を構築していた。その体制は質・量共に他のヘッジファンドマネージャーに比較し磐石な体制であると判断されていた。

■リスク管理体制の破綻

 グローバル・マクロ戦略は相場の一方向に賭ける投資戦略で勝つときは大きな儲けとなるが、負けるときは大きな損失となるリスクが高い投資戦略である。同社の破綻はボラタイルで流動性が低い天然ガス市場で巨額なポジションをもったことにある。同社がエネルギー取引に初めて参入するのは2004年のことで、資金の割当はたったの2%であった。しかし、2004年末には資金の割当は14%に上昇した。そして、2005年末にはファンドの34%をエネルギー関連取引が占めるにいたった。相場の一方向に賭けるポジションが極めて大きくなり、ポートフォリオのリスクが極めて大きくなったにもかかわらず、リスク管理体制が十分機能しなかったのは、8月まで極めて大きな収益をあげてきたからである。

 我々も儲かっていると気が大きくなり、つい大きなポジションを持つことが良くある。その結果リスク管理が疎かになることを経験している。儲かっているときほどリスク管理に十分留意する必要があろう。




Posted by 佐藤利光

プロフィール

佐藤利光

ジェトロ認定貿易アドバイザー / 佐藤利光

日本信託銀行(現三菱信託銀行)で外国為替業務に20年間、資金運用業務に10年間従事。固定相場時代から外国為替ディーラーを勤める。変動相場制移行のきっかけとなったニクソンショックの数少ない経験者。経営者向けセミナーや社内研修などの講師経験豊富。外国為替取引会社代表取締役を経て、平成15年4月1日より国際投資アドバイザーとして独立。ジェトロ認定貿易アドバイザー。

検索

最近の記事

最近のコメント

RSS1.0 [Login] powered by a-blog

当サイトは為替証拠金取引を中心とした外国為替の取引に関するニュースのみに特化しています。乱立する為替取引・サービス情報を一同に介し、わかり易くジャンル分けすることで投資家・投機家が欲しい情報を即座に入手できるようにと思ったのが立ち上げの主旨です。またこのホームページに掲載している内容が正確であるよう最善を尽くしておりますが、内容についての一切の責任を負うものではありません。その旨ご了承願います。

FOREX PRESS

キャピタル・エフ株式会社

2002/11/15より運営開始