外国為替取引ニュースサイト FOREX PRESS

会社概要

お問い合せ

ニュース受付

HOME > 為替コラム

先月

2006/8

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

来月

為替今昔物語

FX市場の現状

2006年08月29日(火)

■拡大するFXマーケット

 改正金融先物取引法の施行に伴い、金融先物取引業登録を完了した業者数は117社となった。業種別内訳は、くりっく365取引(取引所取引)参加業者11社、銀行1社。証券会社26社、商品取引員16社、FX取引専業等63社である(為替情報サイト「FOREX PRESS」調べ)。法規制前にはFX取引業者数は200社とも300社とも言われていたので、業者数は1/2ないし1/3に減少した。

法施行前と比較し顕著な変化は、商品取引員とFX取引専業等の数が減少し、証券会社数が増加したことである。その背景として、総合証券会社の新規参入業者数が増加した事とFX取引専業者が証券会社へ業種変更した事があげられる。この傾向は今後も続くものと考える。FX取引専業者が証券業登録をする理由は、証券会社のブランドで企業イメージの向上を図る事および株式指数先物・オプション取引などの金融先物取引やファンド販売など取扱商品の多様化を図り、複数の収益チャンネルを保有する事である。

業者数は大幅に減少したが、FX取引口座数は増加しており市場規模は順調に拡大している。矢野経済研究所のFX取引動向調査によると平成18年3月末のFX取引口座数は前年比29.6%増加し330,349口座となった。同研究所では1年後の見通しを約倍増641,656口座とし、FX取引規模のさらなる拡大を予想している。

■激化するサバイバル競争

 市場が拡大傾向を示している一方で、ワールドコアFXが平成18年8月18日午後5時でFX業務を廃止したことに注目したい。同社の設立は2004年5月。業者登録は2006年3月。業者登録後わずか5ヶ月で廃業に至った。同社発表によると廃業決定の理由を、「今年度に入ってからの手数料収入の激減、顧客獲得の伸び悩み等から自己資本比率の維持が困難であり、今後の会社経営が非常に厳しい状況になると予想されるため、金融先物取引業の廃止を決定した次第です」と述べている。登録業者には、自己資本比率の維持、顧客資産の分別管理、内部管理体制の整備、コンプライアンス体制の徹底などが要求され、その結果、毎月の必要コストが法施行前より数倍かかるようになったことも会社経営が厳しくなった理由であろう。

比較的低コストで経営可能な業務形態であるホワイトラベルでも廃業する業者がでてきた。米国大手FX業者のGFTのホワイトラベル業者であるインフォレックスジャパンである。同社は8月31日でFX業務を廃止すると発表している。さらに、USS証券が8月1日からFX業務を休止し、バンカーズが8月1日から10月末までFX業務の一時休止を発表している。各社とも業者登録完了後間もなくの休廃業の決定である。今後もFX市場規模は順調に拡大するものと予想するが、業者間の優勝劣敗が明確化し、今後も休廃業する業者が出てくるだろう。真に顧客の要望(専門性、信頼性、商品性)に応えられる企業のみが生き残ることができる。

■インターバンク為替ブローカーの参入

 休廃業する業者がでてきたが、新規参入業者も少なくない。その中でインターバンク為替ブローカーであるトウキョウフォレックスが新規参入することになったことに注目したい。同社は9月1日FX業務を開始する予定。為替ブローカーのFX業務参入は昨年6月にFX業務を開始した上田ハーローに次いで4社目となる。他の2社は外為どっとコム(メイタントラディション)とセントラル短資オンライントレード(日短FX)である。
為替ブローカーはインターバンク市場の参加者(銀行、中央銀行、ブローカー)の一員であり、インターバンク為替取引の全てを知っている専門家である。

FX業者の経営者でインターバンク為替取引の専門家は数少ない。筆者は2001年7月に銀行出身者としてFX業界に参入した時に、同業者から為替専門家の参入第一号として歓迎された。同様に筆者は専門的な知識を持った為替ブローカーがFX業界に参入することを歓迎する。一般投資家には分かりにくいFX取引の仕組み、スプレッド幅の変化、スワップの意味、リスク管理などを詳しく易しく説明するなど投資家教育に大きな役割を担うことを期待している。そして、その努力がFX市場の健全なる発展に寄与するものと確信している。




Posted by 佐藤利光

プロフィール

佐藤利光

ジェトロ認定貿易アドバイザー / 佐藤利光

日本信託銀行(現三菱信託銀行)で外国為替業務に20年間、資金運用業務に10年間従事。固定相場時代から外国為替ディーラーを勤める。変動相場制移行のきっかけとなったニクソンショックの数少ない経験者。経営者向けセミナーや社内研修などの講師経験豊富。外国為替取引会社代表取締役を経て、平成15年4月1日より国際投資アドバイザーとして独立。ジェトロ認定貿易アドバイザー。

検索

最近の記事

最近のコメント

RSS1.0 [Login] powered by a-blog

当サイトは為替証拠金取引を中心とした外国為替の取引に関するニュースのみに特化しています。乱立する為替取引・サービス情報を一同に介し、わかり易くジャンル分けすることで投資家・投機家が欲しい情報を即座に入手できるようにと思ったのが立ち上げの主旨です。またこのホームページに掲載している内容が正確であるよう最善を尽くしておりますが、内容についての一切の責任を負うものではありません。その旨ご了承願います。

FOREX PRESS

キャピタル・エフ株式会社

2002/11/15より運営開始