外国為替取引ニュースサイト FOREX PRESS

会社概要

お問い合せ

ニュース受付

HOME > 為替コラム

先月

2004/4

123456789101112131415161718192021222324252627282930

来月

為替今昔物語

投資シナリオ(その1)

2004年04月02日(金)

■ドル円100円割れはあるか?

 最近のドル円相場は、2月に105円台lowをつけたが、日銀の押し上げ介入により、3月5日には112円台までドルが上昇したが、再びドル安により105円台lowを2度、3度とトライしている。先月つけた105円台は2000年9月以来3年半振りのドル安。今投資家の関心事は「果たしてドル円は100円割れがあるかどうか」であろう。

■相場は期待すると必ず裏切られる

 去る3月27日(土)第一商品主催により「外貨投資入門講座」題してセミナーを行った。その席上で「ドル相場予想について」質問があった。筆者はセミナーでは、出来るだけ多くの参加者と意見交換をしたいと望んでいる。参加者と一体感を感じながら共に投資について勉強したいからである。質問に答える前に参加者に質問をした。「ドル円は100円を割らないと思う人」数人が手を挙げた。「ドル円は100円を割ると思う人」やはり数人が手を挙げた。「ドル円は今の相場が最安値であってほしいと思う人」この質問に対しては多くの人が手を挙げた。その内のある投資家が手を挙げながら大きな声でつぶやいた。「相場は期待すると必ず裏切られるからね」・・「まったくその通り!!!」筆者は即座に肯定した。

筆者も個人投資家の方と同様に業務においても個人の投資においても謎得きれないほど同じ思いをしている。参加者の多くも同じ経験をしていると見え頷いていた。

■増えつづける外貨預金残高

 新聞の報道によると、個人の外貨預金残高が毎年増え続け、2003年末の残高は5兆7千億円を超え前年比23%も増えたという。この背景には、ゼロ金利時代の長期化と年金支給額の減額や厚生年金保険料や健康保険料の増額などで何もしないでいると財産が減るばかりの現状から、少しでも投資で資産を増やそうという人が急増したという事がある。しかし、2000年から2002年2月135円をつけるまでのドル高トレンドの時に「ドル高を期待して外貨預金を勧める」そして、2002年2月から現在までのドル安トレンドの時にも「ドルが安くなったので外貨預金を勧める」銀行の営業方針も大きく寄与したのではないかと感じている。その結果増えつづける外貨預金で解約したら円価額で元本割れを起すので已む無く継続している額が相当な金額にのぼるものと推察する。

 銀行は相場変動には関係なく手数料収入を得る事ができるので、手数料の一部を金利に転換して、「高金利外貨預金」を謳って外貨預金を勧誘しているが、為替相場変動による売買損は全て投資家に帰属する。個人投資家は銀行が勧めるからとか証券会社が勧めるからといっても、決してそのような勧誘にまどわされてはならない。勧めている殆どの担当者が投資経験がないといっても過言ではないからである。ましてや「相場は期待すると必ず裏切られる」という実感を共有することも望むべくも無い。

■短期投資と長期投資

 金融自由化により、円預金と違い、元本を保証しない金融商品がたくさん誕生した。投資家は自己責任で投資しなければならない時代である。そのためにどうするか?自分なりに相場予想をして、投資シナリオを書く事である。投資には、短期投資と長期投資がある。先ず自分の投資スタイルを決めることである。短期投資の積りで投資をしたが、結果的に投資をしたということを繰り返したら、投資で儲ける事はできない。

■相場予想

 セミナーなどでいろいろな人の相場予想を聞くことは良いが、その予想を信じて投資をしてはならない。何故なら、儲かっても、損してもその結果は投資家自身にあるからである。投資に際しては、彼らの意見はあくまでも参考にとどめ、最終的には自分自身で相場予測をして、投資シナリオをつくることが絶対必要条件だ。

■相場予測と投資シナリオ

セミナーの席上で、質問があったので、筆者の相場の見方を話した。時間がなかったので、それに基づいてどのような投資シナリオが描けるかはお話することができなかった。
 
「投資するにはどのようなシナリオが描けるか」の一つとして参考にしていただきたいと思い、「当面の相場予想と投資シナリオ」について次号に掲載する




Posted by 佐藤利光

プロフィール

佐藤利光

ジェトロ認定貿易アドバイザー / 佐藤利光

日本信託銀行(現三菱信託銀行)で外国為替業務に20年間、資金運用業務に10年間従事。固定相場時代から外国為替ディーラーを勤める。変動相場制移行のきっかけとなったニクソンショックの数少ない経験者。経営者向けセミナーや社内研修などの講師経験豊富。外国為替取引会社代表取締役を経て、平成15年4月1日より国際投資アドバイザーとして独立。ジェトロ認定貿易アドバイザー。

検索

最近の記事

最近のコメント

RSS1.0 [Login] powered by a-blog

当サイトは為替証拠金取引を中心とした外国為替の取引に関するニュースのみに特化しています。乱立する為替取引・サービス情報を一同に介し、わかり易くジャンル分けすることで投資家・投機家が欲しい情報を即座に入手できるようにと思ったのが立ち上げの主旨です。またこのホームページに掲載している内容が正確であるよう最善を尽くしておりますが、内容についての一切の責任を負うものではありません。その旨ご了承願います。

FOREX PRESS

キャピタル・エフ株式会社

2002/11/15より運営開始